HOME > 実践鑑定例 > 恋愛占の鑑定例

実践鑑定例

恋愛占の鑑定例(六爻断易)

ある女性が今つきあっている彼と結婚できるかを占いました。

乙酉年 戊辰月 乙亥日 戊寅刻(申酉空亡)
艮宮 風沢中孚 ⇒ 坤宮 地沢臨

官鬼 卯      →子孫 酉
父母 巳      →妻財 亥
兄弟 未(世)     兄弟 丑
兄弟 丑
官鬼 卯
父母 巳(応)

風沢中孚は艮宮の卦で、年月日から扶けがもらえないため、従弱格になります。
この場合、用神は官鬼卯になります。
この彼を官鬼卯とした場合、卯は忌神で隣の丑に剋で彼の財運は良い、隣の巳に消耗で、彼の子孫が吉、才能があり、財の良い方だと判断できます。
しかも卯は太歳酉と冲なので、社長であるとか、その世界ですごい方でしょう。
しかし上爻の官鬼卯は、動いて酉となり、空亡になります。
ようするに彼は、動空ということで、その気がないという結論になります。

結果:実際、このお相手はその通りの方で、結局他の女性と結婚しました。