HOME > 実践鑑定例 > 鑑定例

実践鑑定例

鑑定例(六爻断易)

ある女性が壬午月丙寅日のイベントに行った方が良いかどうかを占いました。

乙酉年 戊辰月 乙亥日 亥刻(申酉空亡)
坎宮 坎為水 ⇒ 坎宮 地水師

兄弟(世)子         父母 酉
官鬼   戌      ⇒  兄弟 亥
父母   申         官鬼 丑
妻財(応)午
官鬼   辰
子孫   寅

坎為水は坎宮の卦です。年と日から扶けがありますが、この亥は弱いので弱格になります。
「行った方が良いかどうか?」という場合、応爻を見ます。
応爻午は忌神ですので、午月寅日には旺になり、凶になります。
したがって行かないほうが良いでしょう。
午は隣の辰に消耗ですが、この場合、子孫寅が忌神、坎宮でかなり強く、辰の力が弱くなってしまっているので、力が強くありません。
もし行った場合は財運が悪いか、体調や気分の悪いことがあると思います。

結果:試しに行ったところ、非常に不愉快な事があったそうです。