HOME > 実践鑑定例 > 恋愛占の鑑定例

実践鑑定例

恋愛占の鑑定例(六爻断易)

ある女性が、不倫相手と今後もつきあっていけるか?ということを占いました。

丁亥年 丙午月 乙亥日 癸未時(申酉空亡)
乾宮 風地観  ⇒ 乾宮 山地剥

父母 戌  妻財 卯       妻財 寅
兄弟 申  官鬼 巳     ⇒子孫 子
官鬼 午  父母 未(世)    父母 戌
父母 辰  妻財 卯
妻財 寅  官鬼 巳
子孫 子  父母 未(応)

風地観は乾宮の卦です。
太歳・月令・日辰どれからも扶けが無いので、従弱卦になります。
この場合の用神は「官鬼」ですが、不倫占ですので、「偏官」を探します。
本卦には「正官」はありますが「偏官」はありません。
伏卦に「偏官」がありますので、この場合の用神は「官鬼午」で、喜神です。
隣の申に耗ですが、申は空亡なので、この方は財の良い方だと判断できます。
今後も付き合いを続けられるか?という事に関しては、この卦の場合、動爻が「巳⇒子」となっており、「絶」です。この場合は男性の方に問題があり、徐々に離れていくという象です。

結果:男性が原因で、結局別れることになりました。