HOME > 実践鑑定例 > 恋愛占の鑑定例

実践鑑定例

恋愛占の鑑定例(六爻断易)

ある男性が「お見合いはどうなるか?」ということで占いました。

戊子年 癸亥月 丁巳日 丁未刻(子丑空亡)
震宮 震為雷   ⇒ 巽宮 火雷噬_

妻財 戌土(世)  ⇒ 子孫 巳火
官鬼 申金           未土
子孫 午火           酉金
妻財 辰土(応)
兄弟 寅木
父母 子水

震宮は太歳の子と月建の亥から扶けを得ていますが、日辰の巳火は年と月から2回傷を受けていますので、力がありません。したがってこの卦は従強格になります。
お見合いの卦で六冲卦は良くありません。
世爻の戌土は忌神で、動爻の子孫巳火から回頭生です。
この場合、用神は応爻の妻財です。
応爻の辰土は喜神ですが、世爻の戌土・2爻の寅木から傷を受けていますので力が無く、忌神のようなイメージになっています。
世爻と応爻の状態だけ見ても、残念ながらこのお見合いはうまくいかないと判断しました。

結果:本人がお相手の方を気に入らず、うまくいきませんでした。