HOME > 実践鑑定例 > 鑑定例

実践鑑定例

鑑定例(六爻断易)

ある勉強の通信講座を始めようとしている方が、その勉強が今後の仕事に役立つのかどうかを占いました。

戊子年 乙丑月 乙卯日 丁亥時(子丑空亡)
巽宮 巽為風  ⇒ 巽宮 山風蠱

兄弟 卯木(世)    兄弟 寅木
子孫 巳火     ⇒ 父母 子水
妻財 未土       妻財 戌土
官鬼 酉金(応)
父母 亥水
妻財 丑土

太歳・日辰から力をもらっているので、この卦は弱格です。
勉強は父母、その才能や実力が発揮できるかは子孫ですが、動爻は子巳絶となり、しかも父母子水は空亡で動空です。この場合の動空というのは、無結果という意味にもなります。
仕事に役立つかという事なので応爻の官鬼を見ると、喜神ですが、世爻の卯木・日辰の卯木から2回傷を受け、力がありません。
したがってこの講座は勉強しても仕事には役に立たないと判断しました。